扱いを知ろう

債務整理は、債務の返済が困難または不可能になったさいに行う法的な救済措置のことで、その種類としては弁護士や司法書士に債権者と仲介してもらう任意整理、裁判所を通して行う特定調停や自己破産または個人再生などがあります。 基本的には債務整理を行うさいには、債務者の経済状況を見て判断されることになりますが、ここでポイントとなるのが不動産の扱いです。不動産を持っていれば、それを売却して債務返済に充てることを求められます。このさいに不動産の所有権が債務者にあれば通常売却をすることになりますが、ローンを組んだ住宅やマンションの場合には、抵当権が設定されており勝手に売却することができません。そのため債権者を説得して売却を行う任意売却という手段を使うことになります。

任意売却のメリットとしては、競売に掛けられるよりも高い金額で売却できるという点です。住宅ローンの支払いが困難または不可能になると債権者はその債務を回収しようと差押えを行い裁判所の競売によって売却しようとしてきます。競売での売却は、市場価格の6割から7割程度と割安であり、住宅ローンの多くが残債として残ってしまいます。また競売では売却まで時間が掛かりますし、債務者にとっては強制的に立ち退かされるため、精神的にもダメージの大きいものです。 一方で任意売却では通常の売却と同じ手続きで売却されるので、買い手が見つかれば比較的短期間で売却できますし、売却価格も市場価格に近い金額で売却できるメリットがあります。また何より任意売却では合意の上での売却であるので、競売に比べて精神的なダメージが少ないといったことがあります。