売却するときには

あなた所有の不動産を売却する必要性に迫られたときに、あなたはまずどのような行動を取ればいいのでしょうか。まずはあなたの不動産の価値を知ることから始めます。何はともあれ近所の不動産会社に相談に行きましょう。そこでまずは査定をしてもらうのですが、その査定も基本的には2種類存在します。一般のお客さんに対しての市場価格という意味での査定と、業者が買い取った場合での市場価格という意味での査定です。基本的には一般のお客さんをターゲットにした査定のほうが価格は高くなりますし、業者の買取り価格を想定した査定は低くなるのです。これは、一般のお客さんと比べて、業者の買取りは買い取った後に、自らの利益を上乗せして再度市場に出すからです。

では、あなたがその不動産会社の出した査定に満足したとします。ここで注意しなくてはならないことは、1社のみに査定を行わせるのではなく、複数の会社で査定を行わせることです。1社のみですと本当の査定価格の相場は掴めない筈だからです。数社で査定してその平均値を取るという作業が必要です。いざ査定価格の相場の数字を得たあなたは、売却するにあたり不動産会社を選んで媒介契約を結びます。この媒介契約とは私の不動産の売却活動を、お宅の不動産会社に任せますという契約です。この契約があってようやく、不動産会社は売却活動をスタートできるのです。そして見事に買い手がついた暁には、その不動産会社は買主を見つけてくれた謝礼としての仲介手数料を受け取ることができるのです。